4月6日の釣り エギング タコ釣り

大潮

満潮  5:20  17:50
干潮  11:30  23:50

釣り場:いつものタコ場

釣果:なし


今回はタコとアオリイカ狙いの釣行にした。
夜明け前~朝マヅメ過ぎまではエギングでアオリイカを、明るくなった後はのんびりとタコを狙うプランだ。

釣り場には4時前に到着した。
天候は晴れだったが、着いた時は風が強く釣りをするにはちょいと厳しそうな状況だった。
幸い釣り人はほぼいなかった(強風だから当然かもしれないが)ので、釣り座だけ確保して風が弱まるまでしばらく様子見をすることにした。

15分くらい経った頃だっただろうか、今までの強い横風から若干の追い風に風向きが変わった。
よし、釣り開始だ。

まずはボトム付近を中心に探り、アオリイカに加えてコウイカもついでに狙ってみる。
エギをあまり跳ね上げさせないようにアクションさせていく。


特に反応が無いので、次はエギをボトムまで沈めてから高く跳ね上げさせるようにアクションをつける。


これも反応が無いので次は中層を探るためにフォール時間をカウントしながら探ってみる。

……反応無し。
どうも簡単に釣れるイカは寄ってきていないようだ。ちょっとタコ釣りに浮気したくなってきたが、ここは我慢する。タコ釣りは日が高くなってからでもできるし。

気が付くと周囲はエギンガーで賑わってきていたが、彼らにもイカが釣れた様子はない。こうなると気長にイカの回遊待ちをするしかないか。

…釣れない。
結局朝マヅメはイカの姿を見ることなく終了した。他の釣り人の話だと小ぶりなアオリイカが泳いでいるのを目撃したらしい。いないわけではないようだ。

そして、マヅメ時の短時間だけだが小魚の群れがぴちゃぴちゃと水面を賑わせていた。
サビキは持ってきていなかったし、サビキ釣りをしている人もいなかったので何が回って来たのかはわからないが、見た感じだとイワシの様だった。
イワシが安定して回遊してくればイカも釣りやすくなりそうだな。

ま、いいや。明るくなったからタコ釣りにシフトだ。
朝マヅメの終わりとともにあれだけ多かったエギンガーもほとんど帰ってしまったので、休日なのに探れるポイントは結構多い。これなら1杯くらい釣れそうだ。

……しかし、釣れず!
アタリも無い!

そもそもタコ釣りしてる人が全然いないんだけど……。ひょっとして最近は全然釣れてないのかもしれない。

なんだかんだと10時頃までタコを探し求めたけどタコは釣れず、海底ゴミの掃除に終始してしまった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする