日本でも出してくれないかな・・・

釣り具メーカーの多くは、商品のラインナップを販売する国・地域ごとに変えています。
その地域で需要のある釣り具だけを販売して、需要の無い(少ない)ものは販売されません。
国・地域によってターゲットになる魚や釣り方が異なるので、販売される釣り具が異なるのも当然のことかもしれません。

シマノ(http://www.shimano.com/)やダイワ(http://www.daiwa.com/global/ja/)などのHPから日本とアメリカの商品を見比べてみると、日米でラインナップが異なることがわかると思います。

外国のHPを見て、日本国内では販売せれていない外国モデルを欲しくなってしまう方もいるのではないでしょうか?

私もその内の一人です!

アメリカシマノのTRANX(トランクス?)というモデルのベイトキャスティングリールがとても気になります。
旧モデルの500に加え、300と400のサイズが追加されたようですね。
ニューサイズのTRANXは、糸巻き量・ドラグ力ともに申し分ないし、ギア比もハイギアとローギアの2種類あり。タコ釣りや青物釣りに使ってみたいリールです。


(動画は旧モデルの500です)

日本では同じようなサイズのベイトリールばかりラインナップされていて、こういう”大きなベイトキャスティングリール”ってあまりないんですよね。
シマノのリールは好きだから、こういうモデルも日本で販売してくれると有難いんですが・・・。需要が無いか・・・。
実物を手に取って見てみたいところですが、それも叶いません。
日本でもTRANX 300/400を出してくれればたぶん買うんだけどな~・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする