テイルウォークとokumaのリール、実は兄弟?

各メーカーの2018年の新製品の情報を調べるために色々なページを見ていると、台湾の釣り具メーカー「okuma」のページで気になるモデルを見つけました。


出典:OKUMA FISHING TACKLE CO.「Citrix 350-size Low Profile Baitcast Reel」https://www.okumafishing.com/en/product/citrix350-baitcast-reel.html(参照2018-1-6)

このCitrix 350-size Low Profile Baitcast Reel(以下Citrix 350)という長ったらしい名前のリール、一目で「テイルウォークのエラン ワイドパワープラスじゃん?!」と気づきました。

まさか別のメーカーからワイドパワープラスの色違いの兄弟が出ているのか……?

…これは気になります。

okumaのHPによると、Citrix 350のスペックは

ギア比ベアリング重量最大巻上長最大ドラグ力糸巻き量(ナイロン)
6.4:17BB+1RB312g78.7cm11kg16lb.(0.33mm)-250m

20lb.(0.37mm)-230m

22lb.(0.41mm)-150m

らしい。糸巻き量の数値は少し変な気がするけど……

これに対して、エラン ワイドパワープラスのスペックは

ギア比ベアリング重量最大巻取長最大ドラグ力糸巻き量(ナイロン)
7.1:110BB+1RB305g87cm12kg16lb.(0.33mm)-240m

20lb.(0.37mm)-190m

25lb.(0.435mm)-130m

御覧のように似通ったスペックになっています。

Citrix 350の価格はアマゾン(USサイト)を見ると約125ドル(1ドル115円として14,375円)でした。これに対して、エラン ワイドパワープラスの価格はアマゾン(日本)で17,000円前後。大した差はありません。

見た目もスペックも価格もほとんど同じという兄弟のようなリールです。国によって販売しているメーカーが違いますが、製造元は同じなんでしょう。

……okumaとテイルウォークのリールを作っている所が同じなのだとしたら、okumaのリールにも意外と良いものがあるのかもしれませんね。なんたって同じ所で作られたであろうワイドパワープラスは気に入ってますからね。

今まではokumaのリールは購入対象として考えていなかったのでリールをチェックしていなかったのですが、今後は要チェックかも。(店であまり見ないけど…)


この動画で紹介されている他にも色々なモデルが作られているみたいだけど見たことないんだよなぁ…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする