9月6日の釣り ショアジギング エギング ブッコミ釣り

小潮

満潮  11:10  21:40
干潮  4:00  16:10

釣り場:静岡県の堤防

釣果:シイラ 2尾 ショゴ 1尾 オオモンハタ 3尾 アカハタ 1尾 アオリイカ 1杯 エソ 3尾 ネンブツダイ 1尾


今回の釣行は夜~朝マヅメはタチウオ(ショアジギング)&エギング&ブッコミ釣り、日の出からはショアジギング&ブッコミ釣りをするというプランを立てた。

前回の釣行でタチウオが釣れたので、今回のメインターゲットはタチウオにした。偶には真面目にタチウオを狙ってみるのも悪くない。
この日のためにちゃんと特価品のワインド用ジグヘッド&ワームも購入してきたぞ。(まじめ)

釣り場には3時前に到着した。
天候は晴れ・微風。波はほとんど無い。釣りはしやすそうだが、果たしてこのコンディションで魚の活性はどうなのだろうか?

ま、釣れるかどうかはやってみないと分からない。そそくさと道具を準備してポイントに移動する。

平日深夜ということもあって堤防には先客なし。目当ての堤防先端に釣り座を構えることにした。
さあ、まずはタチウオだ。……って、その前にブッコミ仕掛けを投入しておこう。何か良いゲストが釣れるかもしれない。

ブッコミ仕掛けをカケアガリ付近に投入して置き竿にし、まずはエギングロッドでワインドを試すことにした。
前回と同様にタチウオが近くに来ていれば釣れるはずだが……。

……釣れん!

夜明けの5時頃までエギとワインドの両方を試してみたがどちらもアタリすらない。
釣れたのはブッコミ仕掛けに掛かったネンブツダイだけだ…。

明るくなってきたので回遊魚狙いのショアジギングに切り替えることにした。
水面を観察するとイワシか何かのベイトがいることは確認できたが、何かに追われている気配はない。しばらくは回遊待ちだな。

5:40、表層を探っているとヒット!…と同時にジャンプ!シイラだ。

そこそこサイズ。
これくらいになると引くから面白い。

シイラが釣れたので表層メインで誘ってみるが、何も反応せず。
それにしても、シイラの群れが小さいなぁ。もうちょっと数釣り出来ると思ってたんだけど…。

6:10、表層~中層で反応がないので、思い切ってボトムを探ってみると……

なんか重いと思ったら……エソ。
やはりオマケサビキをつけてると良く釣れるなぁ。

気を取り直してもう一度ボトムを…

ゴミが引っ掛かったと思ったら……エソ。
もしかしてボトムにはこいつしかいないのか?

次の一投でもエソが釣れ、疑惑はさらに深まった。

これではボトムを探っていても意味がないか…?
……いや、考えようによってはエソ釣りの穴場かもしれない。こうなったらエソの爆釣を味わってみるか!

6:20、エソ狙いでボトムを探ると……「ガツッ!」

引きからしてエソではないとは思ったが、まさかのオオモンハタ(チビモンハタ)とショゴの一荷。
一体何なんだ……。青物を狙ったらエソで、エソを狙ったら青物と根魚だ。

ヒットしたのはボトムの潮境だったようだ。ジグの引き抵抗が変わったな、と思ったらヒットした。

6:30、小さいナブラが立ったので狙ってみると…

ペンペン。
(この躍動感がシイラっぽい1枚)

6:35、忘れていたブッコミ仕掛けを確認してみると…

ちびアカハタがついてた…。
ラインアラームも鳴らないサイズ…。

6:40、まだまだエソ狙いは諦めてないぜ(本当はショゴ狙い)……「ガツッ」

…オオモンハタ。
ことごとく狙った魚が釣れてないが、結果オーライ。これも作戦の内(?)さ。

これは堤防の敷石から続く石底と砂底の境目でヒットした。ジグが根掛かりそうだったから回収しようとしたらガツッっと来た。

7:00、なかなかの好釣果の余韻に浸っていると、突然ラインアラームがけたたましく鳴り響く。

おお、ブッコミでも釣れちゃったよ。でも、めちゃくちゃ足元なんだが…。
これ、もしかして時合いか?

更なる釣果を求め、集中してジグを操作するが…
……釣れず。

気付いた時にはもう時合いの終わりだったようだ。
表層~ボトムまで探ってみてもエソすら釣れなくなってしまった。

8:10、そろそろ諦めて帰ろうかと考えていると……

アオリイカが釣れた。
目の前をイカの群れが泳いで来たのでエギを投げてみたらすぐ釣れた。なお、他のやつらは逃げた。

このイカを締めにして今回の釣行を終えることにした。
満足な釣果だったので気持ちよ~く仮眠してから帰った。

エソパラダイスの発見は次回以降に持ち越しだな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする