10月12日の釣り ショアジギング

10/12の釣行メモ。

小潮
満潮  11:10  19:40
干潮  3:00   15:20

釣り場:西湘サーフ

釣果:ショゴ(カンパチ)1尾 ダツ1尾 エソ2尾

またしても平日釣行でショアジギングをしに西湘サーフへ。ターゲットはイナダ(ちびブリ)とショゴ(ちびカンパチ)。
ここ数日は穏やかな天気が続いていて、風や波も弱い状態になっているから海水は澄んでいてゴミも少ないだろうと予想。きっと、サーフはショアジギングをするのに丁度良いコンディションになっているはず。

釣り場に着いたのは3時前だった。夜明けまではまだ時間があったが、すでに数人の釣人が釣り座を確保していた。さすが人気釣り場……。
空いている場所から釣り座はテキトーに決めた。この釣り場のポイントが未だにわからないんだよなぁ……。
波は比較的穏やかで、水も若干濁っているがほぼ澄んでいる状態だった。これなら釣果も期待できそうだ。

夜明けが来るのをじっと待つのは暇なので、早速釣りを開始する。もしかしたら何かが釣れるかもしれない。まずはメタルバイブを使って手早く探ることにした。
干潮潮止まりの時間帯だったが意外と流れがあるようだ。やや横向き(海を見て左向き)に潮が流れていて、回収するルアーが左から戻ってきた。潮が動いているのならカマス等が釣れてもおかしくないので、ルアーを交換をしつつキャストを続ける。

しかし、アタリが無いまま気づけば4時半を過ぎていた。ここからは、いよいよ青物狙いのショアジギングに切り替えた。
だんだんと明るくなってくる中、黙々とキャストを続けながらも海の様子を観察する。水は若干濁っているものの概ね澄んでいて、水面を騒がす小魚は不在のようだ。
横風(西風)が少し吹いているおかげで少し釣りがし難い(人が多いから)が、予想通り釣り場のコンディションは悪くない。あとはベイト・青物の回遊があるかどうか、というところ。こればっかりは釣りをしながら待つしかない。

朝焼けの中、少し離れた所で魚が釣れたのを目にして、テンションが上がりつつも妙にソワソワする。「次はこっちに来ないかな」「何で釣ったんだろう?」「もしかしてジグを交換したほうが良いのか?」とか色々考えてしまう。マヅメの時間は短く、チャンスが限られるので平常心を保てないことが多い気がする。

続けて誰かが釣るだろうと思ったが、意外にも誰の竿も曲がらない。……どうやら大きな群れが回遊して来たわけではなさそうだった。
次に釣れたのは、もう6時半を回っていたんじゃないかと思う。それも単発で釣れただけで後が続かない……。本当にポツリポツリと釣れる程度だった。

しかし、7時半頃に群れが回遊してきたようで、あちらこちらで魚が釣れだした。ここぞとばかりに気合を入れてロッドを振り続ける。
そして、気合を入れたのが効いたのか、ついに竿が曲がる時が来た!……隣の人に。
見事にショゴを釣り上げたのを見て、ロッドを持つ手にさらに力が入る。

……が、全然アタリがない。気がつくと、もう誰にも魚が釣れている様子はなかった。このチャンスタイムは20分もなかった。
時刻は8時、朝のチャンスを逃してしまった。ここからは魚が回遊してくるのを待ちながら、ひたすらキャストを繰り返すしかない。根性のショアジギングのスタートだった。

8時を過ぎた後は、だんだんと釣り場から去っていく人が増えてきた。釣れない時間帯になってしまった、という証左だろう。
でも、人が減ったので隣の人とラインが絡んでしまう心配がなくなって釣りがしやすくはなった。

9時過ぎ、長い沈黙の後に待望のヒット!

……エソ。
今回もリーダーからエダスを1本出してバケ針を結んでおいたが、これがエソには大変好評なようでして……。

9時半、またしても小さいアタリ。釣れたのはもちろん……

ESO、エソ。調べてみると、どうやらオキエソという種類らしい。
オマケサビキ(説明が長いからこう呼ぶことにした)を使うと、こいつは本当によく釣れる。オキエソを釣りたい人にはジグサビキがオススメ!……そんな人いないか。

10時過ぎ、ワンピッチシャークをしているとガツッとしたアタリ!青物の引きを味わいながらも慎重に砂浜にずり上げる。

釣れたのは40㎝程のショゴだった。そう、これが釣りたかったんだ。エソでなく。
イワシカラーの細長いメタルジグ(30g)で釣れた。

ショゴが釣れたことで満足したのだが、せっかく来たのだから満潮潮止まり(11時過ぎ)までは釣りを続けることにした。それに、他にも回遊してきた魚がいるかもしれない。

11時前、回収しようとしたジグにアタリ!……こんな近くで?

ダツだった。青物にしては何か変だと思ったんだよな……。

この魚を締めに釣りを終えることにした。ちょうど11時で区切りがよかった。
今回は朝マヅメのチャンスを逃してしまったが、満潮まで粘って釣りをしたのが釣果につながった。効率よく青物を狙うなら朝・夕のマヅメに釣りをするのが一番だと思うが、前回のサーフ釣行

2017年10月3日の釣行。西湘サーフでショアジギングを楽しむ。
でもそうであったように、昼間でも満潮を迎える時間帯なら釣果を見込めそう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする