5月5日の釣り 泳がせ釣り チョイ投げ

大潮

満潮  4:40  17:40
干潮  10:40  22:50

釣り場:いつものタコ場

釣果:アオリイカ 1杯 変なヒトデ 2匹


今回の釣行もアオリイカ狙いの泳がせ釣り(ウキ釣り)がメイン。
いつもと違うのは海底掃除(タコ釣り)道具の代わりにチョイ投げタックルを持ってきたことだ。

泳がせに使う生餌をチョイ投げでも確保すれば活きの良いエサをたっぷりと使えるのではないか、と考えたからだ。……あと、生餌代が節約できるからだ。
本当はイワシや小サバが回ってきていればそれらをサビキで釣るのが楽でいいんだけども…まだ回遊してきていないしなぁ。

釣り場に着いたのは15時半頃。釣り場は沢山の人で賑わっていて、とてもチョイ投げ釣りができるような状態ではない。
とりあえず空いている場所に釣り座を構え、道具を準備する。

天候は晴れ・若干の向かい風だが釣りには支障なし。
水は以前よりも少し濁った気がするが、相変わらずイワシや小サバの姿は無い。他の魚種の姿も特に見当たらない。

できればベラ等が釣れればエサに使いやすい気がするんだけどね…。
ま、生餌は店でも購入してきたから小魚が釣れなくてもアオリイカ釣りはできるけど。

しばらくの間は足元付近にイソメをつけた仕掛けを垂らしたり、ちょっとだけキャストしたりして人が減るのを待つことにした。

…結局、夕方まで時間を潰すことになったが、この間に釣れたのは変なヒトデ×2だけ…。
いつもならサビハゼやベラなんかが簡単に釣れるんだけど今年はどうも様子がおかしいな。いくらなんでも魚が少なすぎる。

日が傾くとともに人が減り、夕マヅメにはなんとか泳がせ釣りのスペースを確保できた。
もしかしたら釣り場を変えないと泳がせ釣りができないかとも思ったが、ひたすら暇な時間を耐えたかいがあった。

道具を準備し、早速生餌を投入する。

よくよく辺りを見回してみると、残っている釣り人はどうやら泳がせ釣り(ウキ釣り)の人が多いみたいだ。
いつもはエギングの人が多いけど今日は全然いない。珍しいな。

……夕マヅメには何も起こらず。
特に魚なども釣れていないみたいだ。

19時半頃、離れた所でアオリイカが釣れたようだ。いよいよチャンスタイムか?
いつアタリがあっても良いように集中する。

20時過ぎ、離れた所でアタリがあったようだ。ウキが沈んでいる。

21時半、離れた所でまたアオリイカが釣れたようだ。…あそこばっかりだな。
今日はアタリが出るポイントが狭いようで、たぶんアタリが出ているのは一人だけなんじゃないだろうか。

22時過ぎ、エサも残り少なくなり、そろそろ潮止まりの時間なので諦めて帰ろうかと考えていたところ、す~っと静かにウキが沈む。
「たぶん今日のチャンスはこれ1回だろう」と緊張しながらアワセを入れる……乗った!

心地よいジェット噴射を何度も繰り返したので大型かと思ったがそうでもなかった。1㎏弱くらい?

この後も釣りを続けるがアタリは得られず、潮止まりを迎える23時頃に釣りを終えることにした。
なんとか1杯釣れてよかった。

アタリがあった竿の仕掛けはシンプルなものだったので、反応が渋い時にはシンプルな仕掛けが良いのかもしれない。
でも、偶々釣れただけかもしれない。まだまだ色々と仕掛けを使い比べてみたい。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする