4月26日の釣り 泳がせ釣り タコ釣り

小潮

満潮  7:30  23:10
干潮  2:20  15:10

釣り場:いつものタコ場

釣果:アオリイカ 2杯 メトイカ(ケンサキイカ) 1杯


今回も前回と同様にいつもの場所でイカ・タコ釣り。
と言ってもメインはイカ狙いの泳がせ釣りだ。…正直なところ、タコはあまり釣れる気がしない。(海底掃除には自信はあるけど)

この釣りが平成最後の釣りになるのでじっくりと楽しむことにしよう。
GW中は釣りに行けるかどうか怪しいのでその分もじ~っくりと楽しむ予定だ。

釣り場に着いたのは15時前だった。
今回も釣り具店で 生餌を10尾購入した。出す竿は2本なので、1本あたり5尾を用意したことになる。

釣り場には人も少なく、釣り座はすんなりと確保できた。
しかし、北風と小雨で結構寒い。そりゃあ、人も少ないわけだ。

海水は相変わらず澄んでいて底の様子も確認できる。
そして、相変わらず魚がほとんどいないのも確認できた。イワシや小サバはいつになったら来るんだろうか?

様子見がすんだら道具を準備して釣り開始。
まずはタコ釣り。いつもの流れだ。

テキトーにキャストして、テキトーにずる引きする。いつもの探り方。

……釣れない。
うん、いつも通り。今日もこの海に異変は無いぞ。ヨカッタヨカッタ……。

17時前、タコ釣りは一通り探り終えたので泳がせ釣りを開始。
まだ夕マヅメ前でちょっと早い気もするけど曇天で暗いから、ひょっとするともうイカが釣れるかもしれない。

18時半、何も釣れないので隣で釣りをされている方々とおしゃべりをしていると、ウキがスッと沈んだ。
竿を取りアワセを入れる……乗らず。少しアワセが早かったか…。

イカに齧られたエサを交換して仕掛けを再投入。…するとすぐにウキが沈む!さっきのイカがまだいたか?
今度はじっくり待ってからアワセを入れると……乗った!

上がってきたのは少し小ぶりなアオリイカ。600~700gくらいか。(竿A)

待望のイカが釣れたので釣りにも熱が入る。
そして、何故かおしゃべりにも自然と熱が入る!

19時過ぎ、竿Bのウキが勢いよく沈んだ。
しばらく待ってからアワセ……乗らず。タイミングが難しい。

19時半、竿Aのウキがぴょこぴょこ動いていたので回収すると……

なんとメトイカ(ちびケンサキイカ)がついていた。
……釣れたのはいいけど、この子と生餌の交換だと思うとなんか複雑な心境。

この後はアタリが遠のき、暇な時間が訪れた。
相変わらずの北風とたまに降ってくる小雨でかなり寒い。

21時過ぎ、寒さに耐えきれず帰ろうかと考えていた時、急に竿Aのドラグ音が鳴り響いた。
糸の出が止まるのを待って慎重にアワセる……も乗らず。

エサを交換して再投入すると、すぐに再びウキが沈む。
さっきよりも待ってからアワセを入れると……一瞬だけ乗った手応えがあったがすぐにフッと軽くなってしまった…。くやしいバラシ。

これで準備したエサも竿Bのラスト1尾。
余計な道具は片付けて最後のアタリを待つ。

21:40、眺めていたウキ(竿B)がゆっくりと沈んだ。
しばらく待ってアワセを入れる……乗った!

なんとか2杯目のアオリイカをゲット。
サイズは1杯目と同じくらい。

最後の最後で2杯目のアオリイカを釣ったところで納竿とした。
アタリの数は、竿Aが5回、竿Bが2回だった。この差が仕掛けの投入位置によるものか仕掛けの形状によるものなのかはわからないので今後も研究してみよう。


エサも使い切り、海底掃除も済み、釣果にも恵まれ、楽しい気分で帰路につくことができた。
平成最後の釣りは、寒かったけど心ゆくまで楽しめた釣行になった。

長い時間おしゃべりに付き合ってくださった方々にも色々とお世話になりました。ありがとうございました。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする