10月24日の釣り エギング カゴ釣り

大潮

満潮  5:10   17:10
干潮  11:10  23:20

釣り場:静岡県の堤防(2ヵ所)

釣果:アオリイカ 1杯 イサキ 5尾 キタマクラ・ネンブツダイなど 数尾


今回はエギングと久しぶりにカゴ釣りをすることにした。
暗いうち~朝マヅメはエギングを、それ以降はのんびりとカゴ釣りを楽しむことにしよう。

釣り場に着いたのは2時半頃だった。
天候は曇り・無風。風が無いので夜釣りするには有難いコンディションだ。

堤防には既に何人かの先客がいたが、竿を出すスペースは十分あったのですぐに釣りを開始した。
先週来た時はすごい人で釣りができなかったが、今日は釣りができてラッキー。

水中を覗いてみると無数のベイトフィッシュが泳いでいる。
これだけいればアオリイカの釣果も期待できそうだ。

釣り座として選んだポイントはカケアガリから続くシャローエリア。
ここで深場から餌を求めて差してきた個体を狙うことにした。(というか深い側は人がいっぱいで狙えなかっただけだけど)

ここはランガンするのに適した場所ではないので基本的には1ヵ所で粘ることになる。
必然的に回遊待ちをする作戦しかとることができず、2.5~3.5号のエギをローテーションしながら釣りをすることにした。

4:20頃、キャストし続けて1時間強、やはり満潮が絡む時間帯でヒットした。

ヒットしたエギは3号。
フォールカウントは10秒もなかったと思うのでかなり浅いレンジで抱いてきた。

この後も7時頃まで回遊待ちを続けたが、追釣することはできずにエギングの時間は終了。
ここからはカゴ釣りだ!……と考えていたが、この堤防は人が多くどうにも狭いので釣り場を変えることにした。

車で20分ほど移動して広い堤防に到着。
今日は人も少ないし、ここならのんびりとカゴ釣りを楽しめそうだ。

水中にはサンバソウや小メジナが群れをなして悠々と泳いでいる。
泳ぐ小魚と波に揺られるウキを眺めつつのんびりと釣りをする。

…こんなにゆる~く釣りをするのは久しぶりだ。こういうのも悪くない。
そんなことを考えていると不意にウキが沈んだ。

竿を取って合わせを入れるが、魚体の重みを感じない……上がってきたのはキタマクラだった。

タナが合っていないのかも、と少しずつウキ止めをずらしながら投入を続ける。
するとタナ18mくらいでイサキがヒットするようになった。……小さいけど。

イサキのアタリは飽きない程度にあったが、針が大き過ぎたのかあまり針掛かりはしなかった。(イサキが小さいだけだけど)

そんなこんなで昼頃までのんびりとカゴ釣りを楽しみ、コマセが切れたところで釣りを終えた。

久しぶりのカゴ釣りは釣果に恵まれなかったけどユラユラと揺れるウキを眺めているのも悪くなかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする