2月23日の釣り タコ釣り

中潮

満潮  7:00  19:00
干潮  0:40  13:00

釣り場:いつものタコ場

釣果:タコ 2杯


釣り人的な「冬眠」に入ってしばらく経つが、花粉も飛び出したのでそろそろ今年の海釣りをスタートすることにしよう。

とは言っても、久しぶりの海釣りなのでいきなりハードな釣りは億劫だ。
よし、今回は気楽なタコ釣りを満喫することにするか。

釣り場に着いたのは14:30頃だった。
晴れていて気温も高めだが、時折強く吹く風は冷たかった。

水は澄んでいて底まで見通せる。
魚が全然いないのもはっきりとわかってしまう状況だ。だからなのか、ほとんどの釣り人は沖に向かって仕掛けを投げている様だ。

手早く準備をして釣りを開始する。
今日はタコ釣りだけだから余計なものは持たないランガンスタイルだ。

空いているポイントを見つけてはキャストし、タコの反応が無ければ次のポイントに移動する。
久しぶりにベイトタックルを使ったけど、やっぱりベイトは良い。キャストしてるだけでも十分楽しいぞ。

そう、釣りは釣れなくても楽しいのだ。

……と、釣れなかった時のための言い訳(心の保険)も用意しつつ釣りを続けていく。
最初の1時間は何の反応もなかった。藻しか釣れない。

16時前頃だったか、ロッドに違和感が伝わってきた。
なんとなくタコっぽい「グニグニ感」を感じる…。

一呼吸おいて思いっきりアワセると、竿に確かな重みが乗った。
これは…なかなかのサイズなのではないか!?

バレない様に一定のスピードでリールを巻く。
巻く…。

そして水面に浮いてきた姿を見て確信した。

ゴミだ!

ライン付きのゴミだ!
紛らわしいなぁ。ドキドキを返してくれよ……。

16:20、再びタコっぽい感触がロッドに伝わってきた。
いや、もしかしたらまたラインゴミかもしれないが……。

タ、タコだ~。
今年の初タコはかわいいサイズだった。(石底)

この後も同じ場所で釣りを続けてみたが、2匹目のドジョウタコはなかなか釣れず。
しかも、夕マヅメ狙いのエギンガーでポイントが混雑してきたので移動することにした。

移動がてらエギンガーの人に少し話を聞いてみると、どうやらターゲットはアオリイカらしい。
……もう釣れだしてるのか。早いなぁ。

人の少ないエリアに移動して釣りを再開する。
辺りは暗くなりだし、いよいよ夕マヅメといった雰囲気であるが、個人的にはタコ釣りにはマヅメはあまり関係ないと思っているので特に気合を入れて釣りをすることもない。

タコ釣り…実にゆるい釣りである。

17:40、寒いからそろそろ帰ろうか……と考えていたらアタリ。

さっきのと同じようなサイズ。
砂と石の境目くらいで釣れた。

2杯目の釣果で区切りとして釣りを終えることにした。
もう少し釣りを続けてもよかったが寒さに負けたよ。少し暖かくなったからといって防寒を怠ってはいけない。(自分に戒め)

ま、何はともあれ久しぶりのタコ釣りは存分に楽しめた。
やっぱりタコ釣りは釣り人が少ないシーズンに楽しむのが一番かな。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする