4月30日の釣り 渓流釣り

4/30の釣行メモ

釣り場:長野県 某河川

釣果:イワナ2尾

毎年、この時期になると長野へ渓流釣りに行く。前日の夜遅くに自宅を出て、一路長野へ。
去年は釣果に恵まれ、ルアー釣りでも面白いようにアマゴやイワナが釣れた。
今年はルアー釣りを楽しもうと思い、エサは買わずに釣り場へ向かった。

日の出とともに釣りスタート。(山の中だから日が出るのはちょっと遅いけど)
去年良かったポイントへルアーを通していく。
しかし、全く魚の反応が無い・・・。
いつもなら魚がルアーを追ってくるのが見えるのだが、どのポイントを通しても魚の姿が見えない。
登れる所まで釣り上がっていくが、それでも魚の姿が見えない・・・。

仕方がないので別の川へ小移動。
この川でも良さそうなポイントにルアーを通しながら釣り上がっていく。
が、この川でも魚の姿を見ることは無かった・・・。次の川へ移動。

この水系でここまで釣れないのは初めてだった。
せっかく長野まで来たのだから、なんとかして魚を釣りたかった。
ルアーには反応しなくてもエサなら釣れるかもしれない。

渓流竿と仕掛けは車に積んであったが、肝心のエサを準備していなかった。
釣り場の近くにはエサを売っている店はなかったので、川虫を捕獲してエサにすることにした。
水中の石をひっくり返すとチョロムシやクロカワムシを簡単に見つけられた。
これらを少し捕まえて、さっそく餌釣りをスタート。

ルアーでは通せないようなポイントも丹念に探っていくと、1度だけアタリがあったがバラしてしまった。
釣り上げることはできなかったが、エサには反応することがわかったので一安心。
13時15分、ようやく1尾目のイワナが釣れた。小さいけど。

エサはクロカワムシ。落ち込み付近で釣れた。

13時30分、2尾目のイワナ。これも小さい。

エサはクロカワムシ。落ち込み下流の岩影から釣れた。

なんとか魚を釣ることができたが、ここでタイムアップ。帰路についた。
今回の渓流釣りは、例年と比べてかなり苦戦した。
魚の反応が悪い、というよりも魚が少ないという印象だった。
GWなので魚が放流されているだろうと予想していたが、どうやら放流直前のタイミングだったようだ。

次回からは釣行前にちゃんと放流情報も確認することにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする